Top >  日本 >  別府史之

別府史之

ツールの生放送をJ SPORTSで2週間無料で見るならスカパーがgood

別府史之は日本人のプロ自転車ロードレース選手です。 別府史之の生年月日は1983年4月10日、身長180cm体重65kg、脚質はオールラウンダーです。

別府史之は兄の別府始・別府匠とともに自転車一家に育ち、小学生の頃からマウンテンバイクなどの自転車レースに参加していました。 高校卒業後、日本の実業団チームであるブリジストンアンカーに所属、さらにフランスのVC・ラ・ポムで走りました。

その別府選手に転機が訪れたのが2005年、当時最強の自転車ロードレース選手であったランス・アームストロングの所属するディスカバリーチャンネルにスカウトされ、2007年まで所属していました。 当時世界最強チームに所属していたことで、ツール・ド・フランス出場の期待がかかったのですが、結局出場することはかなわず、2007年、ディスカバリーチャンネルのチーム解散に伴い、2008年からは、日本のシマノがスポンサーであるチーム、スキル・シマノ所属となりました。

2009年、スキル・シマノがツール・ド・フランス出場チームとして決定し、チーム内選考の結果、6月のルート・ド・スッドでの山岳賞獲得などが評価され、別府選手がメンバーとして選出されました。

動画はツール・ド・フランス開催前のチームプレゼンテーションの様子です。

別府史之選手は、2009年ツールのパリでの最終ステージで、日本人初となる敢闘賞を獲得しました!


下は、別府史之選手がツール・ド・フランスに出場する前、ディスカバリーチャンネルに所属していた頃の特集の動画

日本

自転車ロードレースがマイナースポーツである日本では、ツール・ド・フランスに出場した選手はほんのわずかです。1996年に今中大介選手が日本人として始めて近代ツール・ド・フランスに出場し、2009年、実に13年ぶりに新城幸也選手・別府史之選手が出場することが決定しました。

関連エントリー

別府史之 新城幸也