Top >  イタリア >  マリオ・チッポリーニ

マリオ・チッポリーニ

ツールの生放送をJ SPORTSで2週間無料で見るならスカパーがgood

 マリオ・チッポリーニ(Mario Cipollini)はイタリア人の自転車ロードレース選手です。 生年月日は1967年3月22日、1989年にプロデビューし、2005年に現役引退するという競技生活の長い選手でした。 脚質はスプリンターであり、身長189cm、体重76kgの身体から繰り出される爆発的なスプリント力は、他のスプリンターを全く寄せ付けない強さがあり、通算で191勝を挙げました。

 マリオ・チッポリーニといえばそのスプリント力。 とくにツール・ド・フランスやジロ・デ・イタリアといったステージレースの序盤戦で実力を発揮し、ツールでは12勝、ジロではなんと42勝のステージ優勝を飾り、マイヨ・ジョーヌやマリア・ローザにも袖を通しています。 また、2002年には世界選手権個人ロードレースでも優勝し、アルカン・シェルを手にしました。 さらに、1999年のツールでは195kmのコースを平均時速50km/h超という最速記録でステージ優勝したという記録も持っています。

 動画は1997年のツール・ド・フランス第2ステージのゴールスプリントで、両手を挙げてゴールするのがチッポリーニです。 この、両手を挙げてゴールするというスタイルはチッポリーニのお決まりのポーズでした。 また、「列車」と呼ばれる、チームのアシストが一列になって速度を極限まで高め、最後にエースのスプリンターを発射させるという戦術も、チッポリーニたちが始めたものであると言われています。

 一方で、マリオ・チッポリーニは山岳コースには極端に弱く、ツールやジロでは一度も完走していません(というか、自主的に途中リタイアする)。

 また、マリオ・チッポリーニはそのスター性からファンに人気がありました。 タイムトライアルなどで、全身筋肉柄のジャージやヒョウ柄のジャージを着用するなど(これは規定違反で罰金の対象となります)のパフォーマンスも人気の理由でした。

 2008年2月、3年のブランクを経て40歳で、ロックレーシングチームで現役復帰するも、その年の間に再び引退しました。

マリオチポリーニの主な実績

  • 2002年 世界選手権 個人ロードレース 金メダル
  • ジロ・デ・イタリア 通算ステージ42勝 ポイント賞3回
  • ツール・ド・フランス 通算ステージ12勝
  • ブエルタ・ア・エスパーニャ 通算3勝

イタリア

 イタリアは自転車ロードレースが盛んな国で、ツール・ド・フランスと並ぶ大規模なステージレースである「ジロ・デ・イタリア」が開催される国です。 日本人のファンの間でも人気の高い有名選手が多く、自転車メーカーやプロチームもイタリアに数多くあります。

関連エントリー

ヴィンチェンツォ・ニバリ ジルベルト・シモーニ イヴァン・バッソ ダミアーノ・クネゴ アレサンドロ・ペタッキ マルコ・パンターニ マリオ・チッポリーニ ダニーロ・ディルーカ パオロ・ベッティーニ