Top >  イタリア >  ジルベルト・シモーニ

ジルベルト・シモーニ

ツールの生放送をJ SPORTSで2週間無料で見るならスカパーがgood

 ジルベルト・シモーニ(Gilberto Simoni)は生年月日1971年8月25日、イタリア人の自転車ロードレース選手です。 ジルベルト・シモーニのプロデビューは1994年で、最初は所属チームを転々としていましたが、思うような成績が挙げられず、一時期はメカニックに転向したほどです。

 そんなシモーニの転機は1999年、バランに移籍してからで、その年のジロ・デ・イタリアで総合3位に入りました。 その後、2000年のジロでも総合3位、2001年総合優勝、2002年ステージ1勝、2003年総合優勝、2004年3位、2005年2位、2006年3位、2007年4位と、ジロ・デ・イタリアでコンスタントに好結果を出しています。 さらにツール・ド・フランスとブエルタ・ア・エスパーニャでもそれぞれステージ優勝を果たしており、ステージレースを戦える選手に化けました。 2001年にはジャパンカップで優勝しており、日本のロードレースファンにもなじみが深い選手です。

 また、ブレイクした1999年以降もたびたび移籍しており、2000-2001年はランプレ、2002-2004年はサエコ、2005年は再びランプレ、2006年以降はサウニエルデュバルです。

 ジルベルト・シモーニは身長170cm、体重62kgで、脚質はオールラウンダーですが、どちらかというと山岳を得意とするタイプです。 動画は2007年ジロ・デ・イタリアの山岳コースで、黄色ジャージのゼッケン21番がシモーニです。 シモーニは積極的に集団の先頭を引き、アタックを試みますが、最終的にこの年のジロの総合優勝者でもあるダニーロ・ディ・ルーカに敗れ、このステージは準優勝になってしまいました。

 シモーニはこれまでロードレースの選手でしたが、2006年からはマウンテンバイクにも活躍の場を広げました。 逆にMTBからロードレースへの転向はミカエル・ラスムッセンやカデル・エバンス、ミゲール・マルティネスがいますが、シモーニの例は珍しいといえるでしょう。

イタリア

 イタリアは自転車ロードレースが盛んな国で、ツール・ド・フランスと並ぶ大規模なステージレースである「ジロ・デ・イタリア」が開催される国です。 日本人のファンの間でも人気の高い有名選手が多く、自転車メーカーやプロチームもイタリアに数多くあります。

関連エントリー

ヴィンチェンツォ・ニバリ ジルベルト・シモーニ イヴァン・バッソ ダミアーノ・クネゴ アレサンドロ・ペタッキ マルコ・パンターニ マリオ・チッポリーニ ダニーロ・ディルーカ パオロ・ベッティーニ