Top >  フランス >  トマ・ボクレール

トマ・ボクレール

ツールの生放送をJ SPORTSで2週間無料で見るならスカパーがgood

 トマ・ボクレール(Thomas Voeckler)はフランス人の自転車ロードレース選手です。 生年月日は1979年6月22日で、身長177cm体重66kg、顔がベビーフェイスであることからフランスでは「プチ・トマ」というニックネームがついているそうです。

 トマ・ボクレールのプロデビューは2001年ですが、所属チームは一貫してフランスのプロロードチームであるブリオシュ・ラ・ブーランジェルです。 トマ・ボクレールの名を世界に知らしめたのは、2004年のツール・ド・フランスで第5ステージから第14ステージまで、10日間にわたってマイヨ・ジョーヌを着用し続けたことです。 ボクレールは悪天候の第5ステージで、他の5名の選手と逃げ続け、総合トップに立ったのでした。 その後、マイヨジョーヌはランス・アームストロングに奪われ、新人賞も第18ステージまではキープしていたのですが、最終的にウラジミール・カルペッツに奪われてしまいました。 しかしながら、不振にあえぐフランスの自転車ロードレース界にとって、1985年のベルナール・イノー以来の、フランス人による長期的なマイヨ・ジョーヌの着用は、フランス中を熱狂させた、救世主的存在といえるでしょう。 なお、2004年のツール・ド・フランスではボクレールは総合18位でした。

 トマ・ボクレールのこれまでの主な戦績は、上記の2004年のツール・ド・フランスのほかに2004年のフランス国内チャンピオン、2003年のツール・ド・ルクセンブルグ総合優勝(含ステージ2勝)、2006年のパリ~ブールジュ優勝などです。 動画は2007年GP西フランス・プルエーの第2ステージで、トマ・ボクレールが集団から逃げてステージ優勝を飾った場面です。 なお、このレースではボクレールは総合優勝しています。

フランス

 ツール・ド・フランスの開催国であるフランスですが、ここ20年以上、ツール・ド・フランスでの総合優勝者が現れていません。 フランスは短距離のトラック競技では強いのですが、長距離のロード競技でも強い選手の出現が待たれます。

関連エントリー

トマ・ボクレール リシャール・ヴィランク