Top >  ベネルクス三国 >  アンディ・シュレク

アンディ・シュレク

ツールの生放送をJ SPORTSで2週間無料で見るならスカパーがgood


アンディ・シュレク(Andy Schleck)はルクセンブルク出身のプロ自転車選手です。
アンディ・シュレクの脚質はクライマー、身長186cm、体重67kgとクライマーにしてはかなりの長身の選手です。
プロ選手としてのキャリアは2005年からです。
なお、アンディ・シュレクの生年月日は1985年6月10日です。
アンディ・シュレクの一家は自転車一家で、兄のフランク・シュレクは同じチームで活躍するプロロードレース選手、父親も元自転車競技選手です。

アンディ・シュレクはプロデビュー当時から非凡な才能を見せていて、2007年にはジロ・デ・イタリアで新人賞、ツール・ド・フランスでは2008年から2010年まで3年連続で新人賞を獲得しています。

アンディ・シュレクの主な戦績とエピソード


2007年 ジロ・デ・イタリア総合2位
2008年 北京オリンピック個人ロードレース4位
2009年 ツール・ド・フランス総合2位
2010年 ツール・ド・フランス総合2位

2010年のツール・ド・フランスでは15ステージの山岳コースでチェーン脱落のトラブルのため、優勝争いをしていたアルベルト・コンタドールに大きく差を開けられてしまいました。
この件に関しては、チェーン脱落直後にアタックしたコンタドールに一部批判の声もあったようですが、両選手は和解しているようです。

アンディ・シュレクの所属チーム

2005-2010年 サクソバンク(チームCSC)
2011年 レオパード・トレック

アンディ・シュレクのロードレーサー

aschleck_madone_full_view_600.jpg
(出展先リンク:Cyclingnews.com
トレック マドン6.9 SSL

ベネルクス三国

 ベネルクス三国とはベルギー・オランダ・ルクセンブルグの3国です。 特にベルギーとオランダでは世界的にも有名な自転車ロードレース選手を多く輩出しています。 とくに、ツール・ド・フランスと、ジロ・デ・イタリア総合優勝5回ずつを達成したベルギーの「人喰い鬼」ことエディ・メルクスは史上最強の自転車ロードレース選手と言ってもいいでしょう。

関連エントリー

フランク・シュレク アンディ・シュレク エリック・デッケル ヨハン・ムセウ トム・ボーネン