Top >  デンマーク >  ミカエル・ラスムッセン

ミカエル・ラスムッセン

ツールの生放送をJ SPORTSで2週間無料で見るならスカパーがgood

 ミカエル・ラスムッセン(Michael Rasmussen)はデンマーク出身の自転車ロードレース選手です。 1999年に自転車世界選手権MTBクロスカントリーで優勝し、その実績を引っさげ、2001年からはロードレースに転向。 身長175cm、体重59kgで、生年月日は1974年6月1日です。

 ミカエル・ラスムッセンの脚質はクライマーで、軽い体重を生かして山岳コースで活躍します。 事実、ツール・ド・フランスでは2005,2006年と2年連続でマイヨ・ブラン・ア・ポア・ルージュ(山岳賞ジャージ)を獲得しています。

 ミカエル・ラスムッセンは2007年のツール・ド・フランスでも大活躍を見せました。山岳コースで2度のステージ優勝を果たし、マイヨ・ジョーヌを8日間連続で着用するなど、総合優勝も夢ではない状態でした。 動画はステージ優勝した2007年の第8ステージでのラスムッセンの走りです。 オレンジと青のジャージがラスムッセンです。

 ところが、ツール開催前の期間に所在地報告(抜き打ちドーピング検査に義務付けられている)で虚偽報告を行ったとして、所属チームであるラボバンクから解雇されてしまい、ツール・ド・フランスから戦線離脱する残念な結果になってしまいました。 この件については本人は否定しており、弁護士を立てて争う構えです。

 ミカエル・ラスムッセンのロードレース選手としての所属チームは、2002年はチームCSC、2003-2007年はラボバンクです。 また、ツール・ド・フランス以外のグランツールの実績としては2003年ブエルタ・ア・エスパーニャでのステージ優勝1回があります。

デンマーク

関連エントリー

ミカエル・ラスムッセン