Top >  ドイツ >  エリック・ツァベル

エリック・ツァベル

ツールの生放送をJ SPORTSで2週間無料で見るならスカパーがgood

 エリック・ツァベル(エリック・ザベル)(Erik Zabel)は1970年7月7日生まれ、ドイツ人の自転車ロードレース選手です。 身長178cm、体重69kgで、プロ選手としてのデビューは1992年で現在も現役の一流選手という、大変息の長い選手です。 主な所属チームは1993-2005年にドイツテレコム(T-モバイル)、2006年以降はチームミルラムです。

 エリック・ツァベルの脚質はスプリンターで、集団のゴールスプリントを得意としています。 また、エリック・ツァベルが他のスプリンターよりも優れているところは、山岳をそれぼど苦手としていないところです。 したがって、一日で勝者が決まるワンデーレース(クラシックレース)での勝利が多く、ミラノ~サンレモ4回(1997, 1998, 2000, 2001年)、パリ~ツール3回(1994, 2003, 2005年)、世界選手権1回(2000年)、アムステルゴールドレース1回(2000年)、HEWサイクラシックス1回(2001年)優勝と、メジャーなクラシックレースで数々の好成績を残しています。

 さらにエリック・ツァベルはツール・ド・フランスにおいても活躍し、1996-2001年と6年連続でマイヨ・ベールを獲得しています。 長くドイツ・テレコムに所属していましたが、総合優勝を狙う選手のアシストを揃えるために、自身のアシストに恵まれなかったにも関わらず、この成績は特筆すべきです。 なお、ツール・ド・フランスで通産12勝、ブエルタ・ア・エスパーニャで通算8勝です。

 動画は2007年のツアー・オブ・ジャーマニーの第三ステージのゴールスプリントで優勝したエリック・ツァベルの動画です。

 2008年9月、現役引退を発表しました。 16年間のプロ選手生活の中で勝利数は200以上にのぼるとのことです(参考記事

ドイツ

 ドイツではこれまで「ドイツテレコム(T-モバイル)」というプロチームがあり、長く自転車ロードレースの世界で重要な地位を占めていました。 選手もドイツ人が多く、ヤン・ウルリッヒなど、旧東ドイツのスポーツ選手養成システムで育成された選手もいます。 ところが、2007年のシーズン終了とともにT-モバイルがスポンサーを降りることとなり、この伝統あるチームの去就が気になるところです。

関連エントリー

アンドレアス・グレーデン エリック・ツァベル ヤン・ウルリッヒ