Top >  ドイツ >  ヤン・ウルリッヒ

ヤン・ウルリッヒ

ツールの生放送をJ SPORTSで2週間無料で見るならスカパーがgood

 ヤン・ウルリッヒ(Jan Ullrich)は1973年12月2日生まれのドイツの自転車ロードレース選手です。 ヤン・ウルリッヒは旧東ドイツのスポーツエリート養成コースで育成された選手で、1997年のツール・ド・フランスで総合優勝を果たしました。 このときの年齢は23歳。 ツール・ド・フランス歴代優勝者の最年少記録です。 動画は1997年のツール・ド・フランスの山岳ステージでの走りです。

 1997年ツール・ド・フランスでのヤン・ウルリッヒの圧倒的な強さから、「ミゲール・インドゥラインの5連勝を越えるのではないか」と噂されました。 しかしながら、1998年にはマルコ・パンターニに破れ、1999年以降引退までランス・アームストロングに勝つことはありませんでした。 それでも準優勝が4回(1998,2000,2001,2003)、3位が1回(2005)、4位が1回(2004)という記録は自転車ロードレース選手として偉大な記録に違いありません。

 また、ツール・ド・フランス以外のメジャーな自転車ロードレースでの戦績は、ブエルタ・ア・エスパーニャ総合優勝(1999)、シドニーオリンピック個人ロードレース金メダル(2000)、アテネオリンピック個人タイムトライアル銀メダル(2004)、世界選手権個人ロードタイムトライアル優勝(1999,2001)などです。

 ヤン・ウルリッヒの脚質はオールラウンダーで、タイムトライアルにも山岳にも強く、重めのギアを使い、トルクをかけた走りが特徴です。 一方、オフシーズンには別人のように太ってしまったり、調子の波が大きかったり、寒さに弱いという弱点がありました。 所属チームは地元ドイツのドイツテレコム(後のT-モバイル)がメインでしたが、ドーピング問題で2002,2003年にはチームコースト・チームビアンキに移籍していました。 ツール・ド・フランス総合優勝からちょうど10年たった2007年、現役引退しました。

ドイツ

 ドイツではこれまで「ドイツテレコム(T-モバイル)」というプロチームがあり、長く自転車ロードレースの世界で重要な地位を占めていました。 選手もドイツ人が多く、ヤン・ウルリッヒなど、旧東ドイツのスポーツ選手養成システムで育成された選手もいます。 ところが、2007年のシーズン終了とともにT-モバイルがスポンサーを降りることとなり、この伝統あるチームの去就が気になるところです。

関連エントリー

アンドレアス・グレーデン エリック・ツァベル ヤン・ウルリッヒ