Top >  ドイツ >  アンドレアス・グレーデン

アンドレアス・グレーデン

ツールの生放送をJ SPORTSで2週間無料で見るならスカパーがgood

 アンドレアス・グレーデン(Andreas Klöden)は生年月日1975年6月22日のドイツ出身の自転車ロードレース選手です。 身長183cm体重63kg、1996年にU23世界選手権のタイムトライアルでチャンピオンになったあと、1998年にプロデビューしました。 所属チームは1998-2006年がT-モバイル(ドイツテレコム)、2007年からはチームアスタナです。 脚質はオールラウンダーです。

 アンドレアス・グレーデンは2004年と2006年のツール・ド・フランスで総合第2位になっています。 身長が高く痩せていることからステージレースで総合優勝を狙う選手としての適性があり、ファンの間では「アンドレアス・グレーデンはレーサーになるために生まれてきた」と言われています。ただ、グレーデンの欠点は怪我をしやすいところだとも言われています。

 アンドレアス・グレーデンの主なレースでの優勝経歴は、2000年のパリ~ニース、2000年のバスク一周レース、2004年のドイツ選手権、2007年のTirrenno-Adriaticoなどです。

 地元ドイツの人気チームであるT-モバイルに長年所属してきたグレーデンですが、2007年にチームアスタナに移籍するというニュースはファンを驚かせました。 アスタナにはアレクサンドロフ・ヴィノクロフというエースがいて、グレーデンはエースとして働くことはできないだろうと思われるからです。 しかし、2007年のツール・ド・フランスではプロローグで第2位に入る実力を見せており、やがてエースとして活躍する日も遠くないかも知れません。

ドイツ

 ドイツではこれまで「ドイツテレコム(T-モバイル)」というプロチームがあり、長く自転車ロードレースの世界で重要な地位を占めていました。 選手もドイツ人が多く、ヤン・ウルリッヒなど、旧東ドイツのスポーツ選手養成システムで育成された選手もいます。 ところが、2007年のシーズン終了とともにT-モバイルがスポンサーを降りることとなり、この伝統あるチームの去就が気になるところです。

関連エントリー

アンドレアス・グレーデン エリック・ツァベル ヤン・ウルリッヒ